CocoaPodsの基本

シェアする

S 2016 06 23 13 21 10

SwiftまたはObjective-Cで作られたライブラリをアプリケーションに組み込んで使用するためのツール「CocoaPods」。

インターネット上に公開されている多種多様なサードパーティ製ライブラリを、手間なく利用することができる、開発効率化のためになくてはならないツールです。

今回はこのCocoaPodsのインストールおよび基本的な使用方法を説明します。

インストール

CocoaPodsはRubyで作られているためgemコマンドを使ってインストールします。MacにはあらかじめRubyが組み込まれていますので以下のコマンドで簡単にインストールすることができます。

sudo gem install cocoapods

rbenvなどを利用している場合sudoなしでインストールできます。

gem install cocoapods

その後CocoaPodsのリポジトリのセットアップを行います。

pod setup

使用する

CocoaPodsを使用するプロジェクトに移動します。

cd cocoapods-basic

pod initでPodfileの雛形を作成します。Podfileは直接エディタで作成することもできます。

pod init

Podfileを例えば以下のように変更します。基本は「pod ライブラリ名」で使用したいライブラリを指定するだけです。

# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target 'cocoapods-basic' do
  # Comment this line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for cocoapods-basic
  pod 'AFNetworking', '~> 2.6'
  pod 'ORStackView', '~> 3.0'
  pod 'SwiftyJSON', '~> 2.3'
end

ライブラリをインストールします。

pod install

S 2016 06 23 13 34 40

プロジェクトを開き直します。.xcodeprojではなくて.xcworkspace(ワークスペースファイル)を開かないといけないことに注意が必要です。

open cocoapods-basic.xcworkspace

Workspace

CocoaPodsで追加されたライブラリが確認できます。

後は自分のプログラム内でライブラリを使用するコードを追加するだけです。

import UIKit
import SwiftyJSON //importする

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        let dataFromNetworking: NSData = NSData()
        let json = JSON(data: dataFromNetworking) //例えばSwiftyJSONを使用する
        print(json)
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

まとめ

CocoaPodsは人気が高くインターネット上で多くの情報が公開されています。。使用実績も十分ありますので、サードパーティ製ライブラリを使用する際は積極的に利用したいツールです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする