関数の基本

シェアする

S 2016 06 03 15 42 33

Swiftの関数の定義方法と呼び出し方を説明します。

基本

Swiftの関数は「func 関数名(内部引数名: 型) -> 戻り値の型 {}」のように定義します。

引数が2つの場合、2番目の引数に名前をつけて呼び出す必要があります。以下の例では2つの引数をとる関数を「hello2(“田中”, count: 2)」のように呼び出しています。

外部引数名

外部から関数を呼び出す際の引数の名前(外部引数名と呼ぶ)を、関数側で明示することもできます。それぞれの引数は「外部引数名 内部引数名: 型」のように定義します。

外部引数を指定せずに呼び出したい場合、関数側の外部引数名を指定する場所に”_”を指定します。

規定値

引数の後ろに規定値を追加すると呼び出し時に省略することができます。
2つの引数の両方に規定値を設定すると、0、1、2個の引数を指定して呼び出せることになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. anon より:

    ↓あってます?
    let result5 = hello5();
    //=>”こんにちは田中x4さん”

    “こんちは田中さんx” になるような・・

    • ssadmin より:

      ご指摘ありがとうございます。

      引数が両方省略されるパターンなので、「こんにちは山田x5さん」が正解でしたので修正しました。

  2. anon より:

    ↓あってます?
    //文字列と整数を引数として文字列を返す関数(外部引数名省略)
    func hello4(mes: String, _ count: Int) -> String {
    return “こんにちは\(mes)x\(count)さん”;
    }
    //呼び出し方。”count”という外部引数名が必要なことに注意。
    let result4 = hello4(“田中”, 4)

    let result4 = hello4(“田中”, count: 4) になるような・・・

    • ssadmin より:

      こちらはコメントが間違えていました。

      //訂正前: 呼び出し方。”count”という外部引数名が必要なことに注意。
      let result4 = hello4(“田中”, 4)

      //訂正後: 呼び出し方。”count”という外部引数名が必要なことに注意。
      let result4 = hello4(“田中”, 4)

      修正しました。

  3. anon より:

    ありがとうございます、すっきりしました!