iOSアプリ開発に関する小技

シェアする

iOSアプリ開発に関する役に立つさまざまなTipsを紹介します。

ナビゲーションコントローラーに関する小技

ナビゲーションバーを表示する

ストーリーボードでビューコントローラーを選択して「Editor > Embed In > Navigation Controller」を実行する。

編集ボタンを表示する

Edit

viewDidLoadを使用してコードから追加するのが簡単です。

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        navigationItem.rightBarButtonItem = editButtonItem() //右側に編集ボタンを表示
        //navigationItem.leftBarButtonItem = editButtonItem() //左側に編集ボタンを表示
    }

編集ボタンが押された際の処理

ViewControllerのsetEditingが呼び出されるのでオーバーライドします。テーブルビューを所有している場合は、tableViewのsetEditingをこの中で呼び出します。

    override func setEditing(editing: Bool, animated: Bool) {
        super.setEditing(editing, animated: animated)
        print("editButtonが押された")
    }

+ボタンを追加する

Add button

Object LibraryからBar Button Itemをナビゲーションバーにドロップし、Attributes InspectorのSystem Itemを「Add」に変更します。

Add

+ボタンが押された際の処理

上記ののようにして追加したストーリーボード上の「+」ボタンをViewControllerにCtrl+ドラッグして、Actionを作成します。

    @IBAction func addTapped(sender: AnyObject) {
        print("addButton Tapped")
    }

ツールバーに関する小技

ツールバーを表示する

ナビゲーションコントローラーが存在する場合、ストーリーボードでナビゲーションコントローラーを選択し、Attributes Inspectorで、Shows Toolbarにチェックを入れます。

ツールバーにボタンを追加する

Object LibraryからBar Button Itemをナビゲーションバーにドロップします。

ツールバーにボタンを右側に追加する

Object LibraryからFlexible Space Bar Button Itemを追加し、その右側にBar Button Itemを追加します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする