Swift 4.1がリリース

シェアする

S 20180330 111105

Swift開発プロジェクトのTed Kremenek氏は3月29日(現地時間)、Swiftの最新版、Swift 4.1を正式に公開したことを発表しました(Swifg Blog)。

Swift 4.1は同時にリリースされたXcode 9.3の一部として提供されています。またUbuntu向けのパッケージもダウンロード可能です。

Xcode App
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料
Apple公式開発ツール。

Swift 4.1はSwift 4.0とソースコードの互換性を持ちますが、それ以前のバージョンから移行する場合は、Xcode 9.3の移行ツールを利用してソースコードを変換することができます。

Swift 4.1の言語の改良点として以下のものがあげられています。

  • SE-0143 条件付き適合
  • SE-0157 関連タイプの再帰的制約をサポート
  • SE-0185 EquatableとHashable適合性の合成
  • SE-0187 Sequence.compactMap(_:)の導入
  • SE-0188 標準ライブラリのインデックス型をHashableに
  • SE-0191 コレクションからIndexDistanceを削除

その他ビルド環境の改良や、Swift 5で予定されているABI安定化に向けた変更、パッケージマネージャーの改善などさまざまな変更が行われています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする