Swift基礎

シェアする

Swift basic

SwiftはWWDC 2014で発表されたAppleのプログラミング言語です。当初はObjective-Cを置き換えるiOS/Macアプリ開発用の言語とみなされていましたが、オープンソース化されたことをきっかけにサーバーサードでの使用も広がっています。

厳密な型チェックと、簡単になった記法によって、素早く正確な開発が出来ることから多くの開発者の指示を集めています。

開発環境

オープンソース化されためMac以外でもSwiftを実行可能な環境が増えてきています。とはいえMacでXcodeを使って開発するのが王道です。

XcodeはMacユーザーならば無料でダウンロードして使用することができます。

ソースコードの構成

SwiftではViewController.swiftのように一つのファイルで一つのクラスが成り立っています。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

ヘッダーとソースコードが分離していたObjective-Cよりも分かりやすくなっています。

Swift言語の基礎

Swift言語の実際例をいくつかご紹介します。

print("Hello, world!")

▲printで標準出力に文字を出力できます。

var str = "Hello Swift"
let str2 = "Hello Swift 2"
var firstNumber = 1

▲varは変数、letは定数を表しています。

let optionalNumber: Int? = 2

if optionalNumber != nil {
    "optionalNumberはnilではありません"
} else {
    "optionalNumberはnilです"
}

▲Swift最大の特徴(?)であるOptional型です。Optional型の変数にはnilを入力できるかわりに、使用するまえにnilかどうかのチェックが必要となります。Optional型については後で詳しく説明します。

2016/12/08(木) 更新: Swift 3対応を検証しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする