UITextFieldクラス

シェアする

■階層: NSObject > UIResponder > UIView > UIControl > UITextField

Header

文字を入力するためのコントロールです。UILabelと同様に文字のフォントや色、背景色などを変更することが可能です。iOSでは表示するキーボードを適切に管理する役割もになっています。UITextFieldDelegateによって編集動作を制御することもできます。

主なプロパティ

UITextFieldの主要なプロパティをリストアップします。

プロパティ名 説明
text String? テキストフィールドに表示されるテキスト
placeholder String? テキストフィールドが空の場合に表示される文字列
font UIFont? テキストフィールドのテキストのフォント
textColor UIColor? テキストの色
textAlignment NSTextAlignment テキストの配置
borderStyle UITextBorderStyle テキストフィールドの枠
keyboardType UIKeyboardType 表示するキーボードの種類
returnKeyType UIReturnKeyType キーボードのリターンキー

デリゲート

UITextFieldDelegate

編集の開始や終了時に呼び出されます。

メソッド 説明
textFieldShouldBeginEditing: 編集を開始すべきかどうかを決定します
textFieldDidBeginEditing: 編集開始直後に呼び出されます
textFieldShouldEndEditing: 編集を終了すべきかどうかを決定します
textFieldDidEndEditing: 編集終了後に呼び出されます

サンプル

UITextFieldをプログラムで生成して各種プロパティを設定するプログラムです。

myTextFieldはInterface Builderで生成したもので、ViewControllerをdelegateとして設定してあります。UITextFieldDelegateの各メソッドが呼び出されることが確認できます。

実行結果です。

Result

UITextFieldDelegateの反応を調べる場合、シミュレーターの設定でハードウェアキーボード(Macのキーボード)を使わないように設定しておきます。「Hardware > Keyboard」と進み「Connect Hardware Keyboard」のチェックを外しておきます

参考情報

UITextField Class Reference

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする